AnimeColor

アニメ・フィギュアをたっぷり楽しむブログ

アニメブログが晒された話

f:id:aritsuidai:20200602002632p:plain

 

ブログを書いていると肯定的な意見もあれば否定的な意見もある。

 

遡ること2016年。

 

このブログは『作画を語るスレ』で晒された。

 

634 :メロン名無しさん:2016/11/10(木) 00:17:13.75
ろんぐらいだぁす!4話、作画崩壊からは逃れられないのか
http://animereal.hatenablog.jp/entry/2016/11/08/160133

https://mint.5ch.net/test/read.cgi/asaloon/1478681596/634-

 

当時、わたしは掲示板に書かれていることさえ知らなかった。

 

だがTwitterには親切な人がいるものである。

 

「晒されてますよ」とリプライがきたのだった。

 

見てみると色々と書いてある。

 

晒された記事は晒されたことがショックで数日後に削除してしまった。

 

当時は晒されたことも含め、晒されていろいろ書かれたことがショックだった。

 

晒された記事の内容はアニメ「ろんぐらいだぁす!」の作画崩壊についてだ。

 

どうして作画がひどくなってしまったのか、という悲観的な内容だったと記憶している。

 

晒す人は私の記事を引用していただいてるのでそれをまた引用してみる。

 

636 :メロン名無しさん:2016/11/10(木) 00:23:39.92
さきほども書いたけど、正直なところ4話はそこまで作画崩壊が起きていないと感じていました。違和感は所々ありますが、この作画レベルにおいて安定している。このままこのレベルでなんとか4話を乗り越えてほしい。
その儚い願いを打ち砕いたのが本当にラスト、ED1分前の出来事です。
https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/aritsuidai/20161108/20161108135818.png
亜美のアルバイト終わりに、葵と2人で帰るシーン。この作画も相当ですが、こんな感じのシーンは3話かつ4話冒頭でも振り返りで流されたので、ああまたか程度に思っていました。しかし、その幻想は次のシーンでさらに打ち砕かれるのです。
https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/aritsuidai/20161108/20161108135827.png
なんとも言葉にしづらい。4話ここまで頑張ってきたじゃないか。変なところはあったけど致命傷は避けてきたはずだった。
しかし、これはもはや致命傷だ。制作スタッフが吐血しながら頑張った光景が目に浮かぶほどに。万策尽きてしまったのだろうか。
このラストを見せられると来週が5話ではなく特別編でも私は何一つ文句は言えない。

 

↑すげえバカそう

 

バカそうに見えるらしい。

 

バカであることは自覚しているが、

 

4年たった今でもどこがバカそうなのかよく分からない。

 

638 :メロン名無しさん:2016/11/10(木) 00:24:55.65
>4話ここまで頑張ってきたじゃないか。変なところはあったけど致命傷は避けてきたはずだった。

この人、頭から順番通りに作画作業してるとでも思い込んでるのかな

 

たしか第4話はラスト数分のシーンが本当にひどい作画だった。

 

だから「ここまで頑張ってきた」「致命傷は避けてきた」と書いた。

 

順番通りに作画作業してると思い込んでいるはずがない。

 

むしろ聞きたい。

 

アニメを最初から見ていないのだろうかと。

 

アニメを逆再生で見ているのだろうか?

 

645 :メロン名無しさん:2016/11/10(木) 00:29:30.94
>3話の作画で特に気になるのは、葵の家族旅行に亜美がついていくBパート。まずは日本国道の最高地点に来るシーン。
>https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/aritsuidai/20161101/20161101134116.png
>どうしてこうなったと言わざる得ないシーン。無理に二人を描かなくてもいいんだよと言ってあげたい。むしろ右の車のほうがメインじゃないのかと。
>非常に切ないカットになりました。この二人の服装を意識して次のカットを見てほしい。

ロングの省略まで槍玉に上げてる、典型的な粗探し魔
弁護の余地無し

 

粗探し魔なのは否定できない。

 

一つ気になると他も気になってくるものだ。

 

別の記事についても見てくれているようでこんなコメントもあった。

 

661 :メロン名無しさん:2016/11/10(木) 00:37:02.45
http://animereal.hatenablog.jp/entry/2016/10/22/205316
>作画も一枚一枚きれいで制作スタッフほんとうに大丈夫ですかと心配になる。

せっかく俺らのフリフラ褒めてくれても、こういう言い方するとライライしてくる
一枚一枚きれいじゃないといけないんだなコイツ的にはって思っちゃう

 

この記事はまだあるので載せておく。

フリップフラッパーズ3話がパロディ回だったので元ネタを探した - AnimeColor

 

作画厨として見られてしまっているから「一枚一枚きれい」という言葉にも噛みつかれてしまった。

 

この人も私と同じ粗探し魔かもしれん。

 

663 :メロン名無しさん:2016/11/10(木) 00:38:59.96
褒めてるのにまで噛みつくの君等 

 

作画を肯定的に言っている記事にも文句を言われる。

 

どうしたらいいのかよくわからなかった。

 

ちなみに最初に晒された次のコメントがこれだった。

 

635 :メロン名無しさん:2016/11/10(木) 00:21:17.79
>>634
殺してえ

 

怖すぎる。

 

この一言だけでもかなりきついものがあった。

 

嫌なものは見なければいいという。

 

私も最初見た時にすぐに閉じて、もう見ないと心に決めた。

 

それから4年近くたったが

 

ふと見返したくなった。

 

どんな気持ちになるのか気になった。

 

特に何も思わなかった。

 

ただ私とは価値観が合わないな。

 

そう感じただけだった。

 

成長したな、と思うのであった。

 

おしまゐ。