AnimeColor

旧AnimeReal

【歌舞伎町シャーロック】6話~10話のネタバレ伏線考察【切り裂きジャックの正体は?】

f:id:aritsuidai:20191217224517j:plain

今回は歌舞伎町シャーロック第6話から第10話までの話を元に考察していきます。

まずは各話おさらいしつつ注目しておきたいシーンのチェックから。

 

各話おさらい

第6話

f:id:aritsuidai:20191217195904j:plainf:id:aritsuidai:20191217195715j:plain

6話は小林回。小林の人の良さが伝わるハートフル。そしてクスリでフライハイ。

注目したいのは6話ラスト。一緒に帰るのをやめたジェームズが踏んでしまったクローバーを見ながら不穏な雰囲気を爆発させるも、シャーロックのくだらないオチで不穏回避。まだまだ核は見せないよと運営からの焦らしプレイ。

 

第7話

f:id:aritsuidai:20191217200102j:plainf:id:aritsuidai:20191217200109j:plain

第7話は1クール後半のストーリーの核となってくる話のはじまり。

シャーロックの兄、マイクロフトが登場。まさかシャーロックに兄弟がいるとは驚き。しかもモラン区長の第一秘書官。超エリートじゃん。

その超エリートお兄ちゃんからの依頼はモラン区長のUSBをアイリーンから取り返すこと。

結局USBはマイクロフトに渡さず、中身に興味を持つシャーロック。どうしてそもそも中身に興味を持ったんだろう?

USBを盗んだ謎の美女アイリーン。そもそもアイリーンが盗んだ理由もよくわからない。

f:id:aritsuidai:20191217214823j:plainf:id:aritsuidai:20191217214826j:plain

7話で注目したいのはアイリーンがUSBを返せと脅されるシーン。

少しぽっちゃり体型の犯人。この体型どこかで…?

 

第8話

 

f:id:aritsuidai:20191217200519j:plainf:id:aritsuidai:20191217200504j:plain

元夫が娘を奪おうとしてくるからそれを阻止してくれと探偵長屋に依頼。元夫は恐喝王と呼ばれるミルヴァートン。その彼から恐喝されている黒木アガサはとうとうミルヴァートンを殺害。

しかし話はそこで終わらず、今度は黒木アガサが切り裂きジャックの手によって殺害されたと連絡が入る。そしてアイリーンの元にはアガサの耳が届いた。

f:id:aritsuidai:20191217200431j:plain

モラン区長が娘の死を悲しむ姿が出ていたけど本当に心の底から悲しんでいるのだろうか

 

第9話

f:id:aritsuidai:20191217215447j:plainf:id:aritsuidai:20191217215455j:plain

9話は命が狙われているアイリーンを守るためシャーロックの家を貸すもそこも狙われてしまったため、廃墟となった映画館を隠れ蓑にすることに。

9話はジェームズが超怪しい動きを見せる。怪しすぎるのでこれはむしろ味方のパターンですねわかります。アイリーンを泳がせることで犯人をおびき出す作戦といったところでしょうか。

f:id:aritsuidai:20191217220006j:plainf:id:aritsuidai:20191217215734j:plain

警察官の姿をした殺人犯は前回USBを出せと言ったきた人物と同じか。

一番の注目ポイントはアイリーンが刺され傍にいたジェームズが「アイリーン先生をお願い」と言ったこと。なぜジェームズはアイリーンのことを「先生」と呼んだのか。

 

第10話

f:id:aritsuidai:20191217220149j:plainf:id:aritsuidai:20191217220146j:plain

10話はワトソンがジェームズを怪しみ、独断行動に走り出す。京極さんの言葉に惑わされUSBを京極に渡そうとするも京極の様子がおかしい。

10話にしてやっとワトソンはシャーロックに依頼内容を伝えることができた。

アイリーンの死体を医科大に移そうとするのも気になるところです。

 

 

考察

それじゃあ気になるところを考えていこう。

アイリーンを殺害したのはマキ?

f:id:aritsuidai:20191217220959j:plainf:id:aritsuidai:20191217221119j:plain

アイリーンを二度に渡り狙いそして殺害した人物。

ぽっちゃり体型の人物で思い浮かぶのはマキさん

京極さんとの恋愛模様が物語に全く関係ないわけない!と考えるとどうしても怪しい。

10話ラストで京極さんがおかしくなったのもマキさんが京極さんを支配してしまったのでは?と考えるのが自然。

9話でベッドシーンがありましたが京極はいったい何を見てそんなに目を見開いたのか。

 

アイリーンを殺した人物=切り裂きジャック?

アイリーンを殺したのがマキ説は濃厚だとは思いますが、それが切り裂きジャックなのかというと怪しい。

なぜなら切り裂きジャックは殺害した人物の生殖器を切り取るという特徴があるから。アイリーンは腹部を刺されたのみで生殖器を切り取ったという描写はない。となると模倣犯の可能性が高い。

そもそもアイリーンが狙われている理由はUSBの中身は切り裂きジャックの正体では?と言われているけどこれも本当か疑わしい。

 

ジェームズがアイリーン先生と呼んだワケ

f:id:aritsuidai:20191217222645j:plain

アイリーンが指された場所にいたジェームズ。その彼がワトソンに「先生をお願い」と言った。なぜジェームズは先生と呼んだのか。

7話でマイクロフトがアイリーンはモラン区長のご令嬢の家庭教師をしていたと語っています。家庭教師ならアイリーンのことを「先生」と呼んでもおかしくない。

ジェームズがご令嬢?なわけないのでこのご令嬢とは殺害されたアレクサンドラのこと。そしてアレクサンドラとジェームズは何かしらの繋がりがあったと推測できます。

これは1話から5話までの考察でも触れましたがアレクサンドラはジェームズの妹ではないだろうか

妹の家庭教師ならアイリーンのことを先生と呼んでも不自然ではない。ジェームズは父親のことを不動産業で忙しいと4話で言っていましたからアイリーンとは父親が違う可能性が高そうです。

 

マイクロフトとジェームズ

f:id:aritsuidai:20191217222730j:plain

10話でシャーロックの部屋にやってきたマイクロフト。一瞬ジェームズと顔を合わせるもジェームズを顔を逸らしました。もしアレクサンドラの兄ならマイクロフトが知っていてもおかしくないはずですが、ここでは言及なし。

やはり父親が違うため、マイクロフトはアレクサンドラに兄がいることを知らないのではないか。ジェームズは頭が切れる少年のためこっそりアレクサンドラと連絡を取っていたのかもしれない。

 

まとめ

7話から10話はUSBの存在によってだいぶ物語が本筋にうつりましたが、ここからどう展開していくのか。歌舞伎町シャーロックの本筋はワトソンの依頼ですからやはり切り裂くジャックは2クールまで引っ張りそうな予感。

いい感じに考察するのが面白くなってきましたし次回は少し早めの考察を入れていきたいかなと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 ©歌舞伎町シャーロック製作委員会