AnimeColor

旧AnimeReal

2019春アニメの覇権アニメはどれ?おすすめ作品をまとめてみた

2019年6月24日 記事を大幅更新

f:id:aritsuidai:20190228152016p:plain

 4月になり2019春アニメの放送が開始されました。今期の覇権アニメは一体どの作品になるのか。SNSの情報を頼りに覇権アニメになりそうな作品をいくつかまとめました!

 本記事における「覇権アニメ」の定義はBD/DVD売上上位に入りそうな作品に加え、人気や話題になりそうな作品を含んでいます。

 それでは見ていきましょう!

スポンサードリンク 

 

春アニメ覇権

鬼滅の刃

f:id:aritsuidai:20190228165522j:plain

©吾峠呼世晴集英社アニプレックスufotable

 週刊少年ジャンプ連載中の「鬼滅の刃」。累計発行部数は300万部を突破しており原作は2019年2月現在14巻まで発行されています。アニメーション制作を担当するのはufotable。3月末には第1話~第5話で構成した特別上映版を限定公開するなどアニメ制作のペースはかなり順調の様子。

 「鬼滅の刃」は2クールの26話放送とのことなので、2019春アニメのみならず、夏アニメでも覇権と呼ばれる可能性は高い。

ここがおすすめ

・主人公の家族愛、そして優しさ

・鬼との戦闘アクションシーンは大迫力

SNSの反応 

<

さらざんまい

f:id:aritsuidai:20190325124903j:plain

(C)イクニラッパー/シリコマンダー

 「少女革命ウテナ」「輪るピングドラム」など数々のヒット作を生み出している幾原邦彦が監督を務める新作オリジナルTVアニメ「さらざんまい」。ストーリーは浅草を舞台に、謎のカッパ型生命体“ケッピ”に尻子玉を奪われて、カッパに変身させられた中学2年生の3人組が元の姿に戻るためつながりゾンビの尻子玉を奪うべく奮闘するというもの。監督は「本当の大人の妖怪モノ」と豪語するほどの自信作。

 第1話放送後から話題になっていた「さらざんまい」でしたが、最終話放送週の残留率ランキングでは100%を超える149%で堂々の第1位。多くの視聴者が最終回を見たことがわかります。ちなみに春アニメの残留率ランキングで100%を越えたのは「さらざんまい」と「進撃の巨人」の2作品のみ。

ここがおすすめ

・監督 幾原邦彦ワールド全開の独特な世界観

SNSの反応

進撃の巨人 Season 3

f:id:aritsuidai:20190624145843j:plain

(C)諫山創講談社/「進撃の巨人」製作委員会

 漫画・アニメともに大人気の進撃の巨人のアニメ最新作。続編作品は、はじめて見る人に対して敷居が高い傾向がありますが、人気度は高く最新話残留率で100%を越える週もあるなど視聴者が多いことが伺える。また、dアニメのウィークリーランキングでも、最高3位を獲得しており、全59話の大ボリュームですが見る価値はある。

ここがおすすめ

・巨人との闘いは圧巻の映像美

・張り巡らされた伏線に驚愕

・全59話の超大作アニメーション

SNSの反応

ひとりぼっちの〇〇生活

f:id:aritsuidai:20190624150455j:plain

©2018 カツヲ/KADOKAWA/ひとりぼっちの製作委員会 

 「三ツ星カラーズ」の著者でもおなじみのカツヲさんが描く、ぼっち少女による“脱”ぼっちコメディー「ひとりぼっちの〇〇生活」。超人見知りな主人公・一里ぼっちが、クラス全員と友達になるために奮闘する物語。

 女の子たちがうふふきゃっきゃする日常感溢れる作品ですが、主人公がみんなと友達になっていく過程は視聴者の心をぐっとつかんで離さない。

ここがおすすめ

・いちから友達を作り、少しずつ友達が増えていく過程が面白い

・コメディ要素も作者カツヲ氏のセンスが光る

SNSの反応

 

そのほかの今期覇権アニメ

異世界かるてっと

f:id:aritsuidai:20190410184439j:plain

©異世界かるてっと/KADOKAWA

 「オーバーロード」「この素晴らしい世界に祝福を!」「Re:ゼロから始める異世界生活」「幼女戦記」の4作品がまさかのクロスオーバーアニメになって登場。総シリーズ累計1600万部超え、BD&DVDシリーズ総売上枚数50万枚超えを誇る人気作品が集結。

 4作品の各キャラクターたちの絡み、掛け合いはとても新鮮かつ面白く、登場キャラクターも多いところなど魅力たっぷりの異世界かるてっと。ぷちきゃらではなく、等身大でのクロスオーバーも見たくなるほど面白い仕上がりとなっています。

川柳少女

f:id:aritsuidai:20190228183833j:plain

(C) 五十嵐正邦講談社/川柳少女製作委員会

 週刊少年マガジン連載中の「川柳少女」。タイトルにある通り川柳を題材にしたラブコメ作品。主人公・雪白七々子の声を花澤香菜、そして七々子が想いを寄せる毒島エイジの声を畠中祐が演じる。

 アニメ制作は「ストライク・ザ・ブラッド」や「デスマーチから始まる異世界狂想曲」を手掛けるCONNECT。監督は「ゆるキャン△」OPや、「Fate/kaleid liner」シリーズや「異世界食堂」で監督を務めた神保昌登さん。

スポンサードリンク 

 

八月のシンデレラナイン

f:id:aritsuidai:20190228185139j:plain

©Akatsuki Inc./アニメ「八月のシンデレラナイン」製作委員会

 ソシャゲ原作の「八月のシンデレラナイン」。キービジュアルにも描かれている通り、野球を題材にした作品で「青春×女子高生×高校野球」をテーマにしている。 

 アニメ制作は数多くの作品を手掛ける「トムス・エンタテインメント」。ソシャゲ原作の作品はストーリーをゲーム内の話に寄せるか寄せないかがポイントとなりますが、今作のシリーズ構成は「ゆるキャン△」でシリーズ構成・脚本を担当した田中仁さん。「ゆるキャン△」は覇権アニメと名高い作品。期待が高まるところです。

賢者の孫

f:id:aritsuidai:20190228211557j:plain

©2019 吉岡 剛・菊池政治/KADOKAWA/賢者の孫製作委員会

 異世界転生を題材にした「賢者の孫」はシリーズ累計150万部を突破している人気作品。近年の異世界モノは「異世界魔王」や「転スラ」、「盾の勇者」など評価の高い作品が並んでいるため覇権と呼ばれる可能性は高い。

 がしかし、第6話の特殊EDや作画の不安定さに心配の声があがっており、覇権は程遠そうな結果となっている。

覇権アニメを見るならdアニメストアがおすすめ

f:id:aritsuidai:20190706213758j:plain

 アニメを見る動画配信サービスでコストパフォーマンスが最強なのが、dアニメストア。現在放送中の新作から旧作まで、ありとあらゆるアニメが見られます。

 アニメに特化している動画配信サービスで、月額400円の低価格。アニメ好きなら登録しておいて間違いないサービスです。

↓詳しくは公式サイトをチェック↓

スポンサードリンク