AnimeColor

旧AnimeReal

【ゴブリンスレイヤー】総集編感想「冒険」【2018秋アニメ】

総集編 冒険記録用紙(アドベンチャーシート)

ゴブリンスレイヤー」総集編見ました。今回はその感想。

スポンサードリンク

 

総集編

f:id:aritsuidai:20181216094249j:plain

総集編より/(C)蝸牛くもSBクリエイティブゴブリンスレイヤー製作委員会

第10話と第11話の間に放送された総集編。牛飼娘の目線で追う総集編とありましたが確かに牛飼娘の知っていることだけで構成された総集編でした。

ただ最後3分間ぐらいは前回の第10話と全く同じ流れでもはや再放送に近いなにか。

総集編の感想なんて特にないかなと思いましたがそれでもまあ感じたことを記録しておきます。

牛飼娘の目線

今回の第10話までの総集編。まずは現在の牛飼娘とゴブリンスレイヤーのとある日常が描かれてから、二人の幼き頃の思い出が語られる。

現在に戻り、最近パーティを組んだという話。牛飼娘曰く「パーティの人が女の子だと知ってびっくりした」。女神官との出会いは語られませんでしたがエルフ達とパーティを組む経緯は描かれていました。

ふつうの総集編なら女神官の目線の話で、どうしてゴブリンスレイヤーと出会ったのかという忌まわしき洞窟探検のシーンが描かれてもよさそうなものですが牛飼娘の視点ということでカット。エルフ達との最初のゴブリン退治もカットで、水の都に行って鎧をぼろぼろにしてきたよという話もゴブリンチャンピオンを撃退した話のみ。

基本的には牛飼娘が見てきた、聞いたであろう話のみで構成された今回の総集編。

次回からは牛飼娘の牧場にあらわれたゴブリンの話でしょうから、今回の総集編で少しでも牛飼娘について理解を含めて欲しいという想いもあったのかな。

最終回までもうひと踏ん張り。製作スタッフがんばって!

スポンサードリンク